化学調査業務のサプライヤー問合せ自動化システム「ケミカンLINE(α版)」を提供開始しました



製品含有化学物質にかかる調査業務にお困りの企業様に向け、サプライヤー問合せ自動化システムの提供を開始しました。

8/5(木)に開催し300名以上の方々に参加・視聴いただきました、オンラインセミナー『成果の出るDXは手軽で確実な化学品管理から』において、「サプライヤーへの問合せ」に関するお問合せ・ご相談を多くいただきました。

製品含有化学物質にかかる調査業務の中でも、特にサプライヤーへの問合せ及び回答状況の進捗管理等が当該企業様の大きな負担になっていることから、該当する業務フローのみを切り出し「ケミカンLINE(α版)」として提供開始することといたしました。

α版で出来ることは下記になります。



  • サプライヤーへの調査依頼メール一斉送信
  • メール開封・未開封チェック
  • メール未開封者への自動リマインド
  • 調査回答期限の設定
  • 調査回答状況の閲覧機能
  • 調査回答メール・ファイルのクラウド自動保存
  • 調査回答メール・ファイルの検索機能
  • AIによる過去案件の自動学習(開発中)



機能に限りはありますがβ版ではさらに調査業務をDXできるよう鋭意開発して参ります。

ケミカンLINEの詳細・資料のダウンロードはこちらから可能です。

製品含有化学物質の調査業務のサプライヤー問合せシステム|ケミカンLINE



ケミカンLINE 製品キャプチャ(一部)